日々の行ない

Healthy hair

「若年性脱毛症」という言葉が近年多くのところで耳にするように、現代では、20代や30代の若い女性の間で薄毛が問題視されています。早い人では10代で薄毛に悩む女性もいます。薄毛になるのは男性だけだと思っていた、もしくは、老化現象の一種だから若いうちにはならないと思っていたと考えている人は注意が必要です。薄毛は、ストレスや不規則な生活習慣などによりだれでもなり得る症状なのです。女性の薄毛の症状としてもっとも多いのが、トップの生え際が徐々に広がるパターンです。トップは自分では見えづらいため、人に言われてから初めて気づいたり、もしくは症状が深刻化してからしか気づけなかったりと、薄毛の中でも厄介なパターンだといえます。最近髪の毛にハリやコシが感じられなくなった、ボリュームがなくなりセットが上手くいかなくなったといった症状が出てきた場合は薄毛の可能性が考えられるので注意しましょう。

女性が薄毛になるのはストレスや不規則な生活習慣が原因だと挙げましたが、それ以外にも原因があります。その中のひとつがヘアカラーやヘアセットといった「お洒落」です。お洒落の一環として髪を自由に楽しむことが手軽にできる現代では、ヘアカラー、パーマ、ストレートパーマ、エクステといったお洒落と同時に頭皮にダメージを与えるものが増えています。さらに、ヘアワックスやスプレーなど日々の整髪剤をきちんと落としきれていないなど、頭皮が不衛生な環境にあることで知らず知らずのうちにダメージを蓄積していることもあります。これらの行ないから日々薄毛の進行を早めている可能性があるのです。定期的に美容室できちんと洗浄してもらったり、頭皮を休める期間を長く設けたりなど、頭皮のケアを行ないましょう。